尿路結石って現代病なの?

先日主人が「尿路結石」になって、いろいろと大変な思いをさせられたばかり
だが、今日新聞で読んだところ、「食生活の欧米化、飽食が結石の原因」の一文
を発見した。

結石の成分は主にカルシウムで、かつてインドに3年間生活をし、カルシウム
いっぱいの「硬水」を飲み続けたことが要因と思っていた。同じ生活歴の私も
まだ発症はしてないけれど、右腎臓内にはしっかり石が存在している。(内臓の
超音波検査でわかった)
会社の歴代インド駐在員は全員「結石」を持っているか発症者であるところか
らも「絶対にインドの水が原因だ」と思っていた。

知らなかったのだが、尿路結石患者は40年前のなんと3倍も増えたそうだ。
一生のうち男性なら7人に1人が、女性は15人に1人がこの病気になる?
うちの主人が発症したのも、私自身が予備軍なのもいたってポピュラーという
事になる。インドの水を抜きにしても・・・。

「結石、石になる」のは、固まる要素があるからで、尿酸に反応して固まるも
のが多ければ確かになりやすいとは思う。それが欧米化した食べ物、たとえば
動物性蛋白質、脂肪分、糖分、塩分を多く含んだ食べ物ということか・・・。

発症するピーク年齢男性なら働き盛りの30代から40代、女性は太りやすい
年齢の50代からも「確かに・・・」とは思うが・・・。

「シュウ酸カルシウム」を作る原因になるから、シュウ酸を含むもの「コーヒ
ー、紅茶、お茶」は控えるようにするのは結石になったものなら常識として知
っている。また尿で流すことになるから「水をたくさん飲む」ことも同じ。
でもメタボと結石はさすがに結びつかなかった・・・。

いずれにしても「飽食」は「百害あって一利なし」・・・。